アピコスの学童クラブ


社会は目まぐるしく変化を遂げています。

これからの社会で活躍する子どもたちを育てる教育現場も、社会に合わせ、変化していかなければなりません。

 

私たち大人は「文字が読める」「計算ができる」といった目に見え、知的に賢くなったと感じる“認知能力”を重視しがちです。

しかし、様々な研究が進む中、子どもの頃に培う経験や体験こそが大人になってからの人生の成功、安定につながるという分析結果が出ています。

 

その分析結果から、現代の教育において最も注目されているのが“非認知能力”です。

主に「忍耐力」「コミュニケーション能力」「自己制御」など“人間力”とされるものが挙げられ、これらの力を育むには子どもの頃に経験学習や体験学習をどれほど行っているかが重要となってくるのです。

 

共働き世帯が増え、核家族化が進む中、兄弟や従兄弟も少なく異年齢の子どもの中で揉まれるといったコミュニティが昔と比べ格段と少なくなっているのが現状です。

だからこそ国が定めた学童という“遊びと生活”の場で友達と遊び、学校が終わってからの時間を共に生活する中で、“自分で考え行動する力”を育むお手伝いをお任せいただければと考えております。

 

親会社のリーフラス株式会社では、子どもたちの「ココロに体力を。」というスローガンを掲げて、全国でスポーツスクールを展開しております。社会における様々な課題解決を目指し、「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」という"非認知能力"を高める人間力重視の指導を創業より一貫して行っております。

 

未来ある子どもたちのために私たち大人は何ができるのか、何をすべきなのか、保護者の皆様やお子様と共に考え、成長し、社会に合わせ、変化し続けていきます。

 

2020年7月1日
 株式会社アピコス 代表取締役 松本明人